「社会の不適合者」英語で?

通訳練習

https://voicy.jp/embed/channel/941/92443

「最先端」という言葉すら、すぐに出てこずダメダメでした~が、

今日の収穫🐡は、

「社会不適合者」という言葉の英語を覚えたこと。

何て言うか知っていますか?

私は練習中、「Social rebel(反逆者)」と訳してしまって沈没( ノД`)。

正解は

Social misfit

というそうです。

「クラウドファンディング化」英語で?

https://voicy.jp/channel/941

今日も西野さんのVoicy朝一(アメリカだと夕一)で聞いたけど、面白かった♪

通訳していて一番難しかったのは、

「今日は「クラウドファンディング化する世界」というテーマでお話しします…」

のまさに「クラウドファンディング化する世界」という表現。

内容的には、ビジネスでは応援者を集めるのに収入の使い道(*クールかキュートである場合)を明らかに(表明)した方がいいよ、という話。クラウドファンディングはそもそも、「預かったお金を何に使うかを明らかにした上で資金を募る」仕組みで、今、クラウドファンディング以外でも、このクラウドファンディングの仕組みが効いてきているということを踏まえての「クラウドファンディング化する世界」というタイトルなんだけど、

「化する」って表現は難しい。

「〇〇化」という言葉で、個人化(Personalizeーパーソナライズ)とか、多様化(Diversifyーディバーシファイ)など、英語では動詞になっている言葉は結構ある。でも、クラウドファンディングに関連して使われる動詞はやはり「Raise((お金を)集める)」が多く、Cloudfundizeなどは造語になってしまって通じない。

意味を踏まえて、このタイトルを訳すなら、

The world is incorporating more of cloudfunding approach(クラウドファンディングのアプローチを取り入れている世界)

The world is changing to apply a cloudfunding way(クラウドファンディングの方法を取り入れて変わる世界)

のようになるのかなー。

ひー、もっとかっこよく訳したい。いいアイデアあったら、教えてください!!

「頭を下げる」英語で?

今日の通訳練習

https://voicy.jp/embed/channel/941/90756

「頭を下げる」。これは、英語に直訳すると単なる「Bow」だけど、

もっと深い意味がある。

大辞林では、

 「自分が下位であることを認める態度をとる。

相手に物を頼む時に使われることが多い。

へり下る。下手(したて)に出る。」

とある。

今日のラジオの内容では、あるプロジェクト責任者が

現地住民の方々から理解を得るために

「頭を下げる」という文脈なので、

ただ「Bow」だけだと、まったく文脈が伝わらない。

現地の方々に対し、腰を低くして「迷惑をかけていてスミマセン」

と伝える、ということなのだけど、英語圏ではどちらかというと

頭を下げるより、Thank you for your understanding

(ご理解ありがとうございます)と、相手が

理解しているいないに関わらず、言ってしまうことが多いと思う。

今回のを訳すとしたら、

Say you are sorry for the trouble in a humble manner (腰を低くして、「迷惑をかけてごめんなさい」と言う)

Be humble and say you appreciate their understanding(へりくだって、「ご理解に感謝します」という)

などかなあ。

エリス トータルって誰?

今日、英日の通訳の練習をしていたときに、英語の話者が「エリス トータルがこう言ったんです、、、」と言っていて、名前の部分が聞き取れなかった。「エリス トータル」って誰?心理学者?と「Elis Total」などと検索したけれど、出てこない。適当に、いろんな綴りで検索していたら、検索エンジンの上部に「Aristotle?」と検索すべき候補の綴りがでてきて、「まさか!」と思いながら、その発音を聞いてみたら、まさにこれだった。

アリストテレス。

その人物は知っていたけど、カタカナ日本語の発音で覚えていたから、英語の発音を聞いても脳内でつながらなかったのである。

アリストテレスについての知識が深くて、その名言を知っていた(文脈的知識があった)なら、なんとか「アリストテレスだ!」とリンクさせることもできたかもしれない。

練習を重ねるのみ。

Challenge of not getting bored

Today I practiced interpretation using this video.

The speaker is a Japanese comedian / picture book writer and he runs a big community called “ONLINE SALON (Japanglish)” where more than 40,000 members enjoy contents and messages he delivers.

In my interpretation practice today, I simply listened to this video and did consecutive interpretation – some words were hard to come up in English:

自分を律する意味も込めて(0:35)

→ It also serves my own purpose of self-discipline

クラウドファンディングに(人々の)抵抗がなくなる

→ we now encounter less and less resilience against cloudfunding

クラウドファンディングが一般化するにつれ

→ as cloudfunding becomes common

福岡の学童

→after-school day care in Fukuoka city

圧倒的に稼ぐ

→ earn immense amount of money

One point he mentioned was particularly interesting to me was that we’re now in the era of community / group rather than the era of individual as anybody can post online.