Voice from Clients

Check out more reviews at my Proz.com account

________________________________________________________________________

“Ryoko undertook Japanese translation for a client of ours, a top international hospitality brand. Ryoko proved to be highly professional, responsive to our enquiries and to have supplied a high quality translation. The Maverick translation QC process involves a full linguistic review from a separate Japanese linguist and this review found Ryoko work to have been a good quality interpretation of the English source with a high level of consistency of language and terminology. I would not hesitate to use Ryoko again on one of my projects.”

ー Matthew Coombs
Translation Project Manager
Maverick Advertising and Design

________________________________________________________________________

“I am neither an expert nor fluent in Japanese to comment on Ryoko’s translating skills. However, the input I received from bilingual friends, and coworkers has been positive. 

Throughout all process of the translation journey, her attention to detail and support was impressive. She was highly professional, and I have only good things to say.

Each time I uploaded the newly translated material, she immediately went to check if I did everything correctly and didn’t hesitate to call me when she found I mistook somewhere. 

Throughout the years, I worked with many translators and if is up to me to choose, I will not hesitate in requesting Ryoko’s assistance once again. That is how much I am pleased and impressed with her work.”  

ー Manuel Bruges(a creative photographer / writer)

________________________________________________________________________
“As a translator myself and translations outsourcer, I can highly recommend Ryoko as a fellow colleague in the translations industry. She is highly professional, meticulous, thoughtful, and she never fails to meet a deadline. My client’s Japanese branch has also expressed their high level of satisfaction with her work, which has included financial, tax and marketing-related texts. It is a pleasure to work with her.”
ー Michael Grabowski – French, Spanish, English Translator / Language Services Provider

_________________________________________________________________________

“I have worked with Ryoko on several translation and review projects into Japanese.

Ryoko is a fast, reliable linguist who provides high quality translations.

She’s friendly, approachable and a pleasure to work with!”.

ー Claudia Alvarez –  WorldFirst

_________________________________________________________________________

“Ms Yamazaki has helped me on several occasions providing translations of highly technical material for my commercial colleagues in Japan. Her translations were superb, and rapid.
She was wonderfully effective in helping me understand and phrase my communications so as to fulfill the culturally important aspects of naming my Japanese colleagues in a respectful and appropriate way.
Ultimately, though, the final proof of Ms Yamazaki’s superb skills were that her translations proved highly effective in moving my business goals forward.
I will certainly avail myself of her services in the future, and recommend her at the highest level of enthusiasm.”

ー A Harvard Professor specialized in the medical field

Recent Posts

「社会の不適合者」英語で?

通訳練習 https://voicy.jp/embed/channel/941/92443 「最先端」という言葉すら、すぐに出てこずダメダメでした~が、 今日の収穫🐡は、 「社会不適合者」という言葉の英語を覚えたこと。 何て言うか知っていますか? 私は練習中、「Social rebel(反逆者)」と訳してしまって沈没( ノД`)。 正解は Social misfit というそうです。

知らなかった英単語「ulterior motive 」

https://voicy.jp/embed/channel/941/92274 今日は、コンサル等で相談するときは、最初から下心を含め話した方が絶対にいい(好感度も上がる!)という話。 難しかったのは、 「下心」と「オブラートに包む」という表現。 練習中は、Hiding your true intention などと訳していたけど、ちゃんと、「下心」にあたる表現があった。 ulterior motive(ウルテリア モティーヴ)発音リンク  She may have an ulterior motive for helping us(彼女が手伝ってくれるのには下心があるのかも)のように使うらしい。 あと、「オブラートに包む」は beat around the bush というそうな。(いくつかのリソースで紹介されていました) これが、すぐ出るようになったらカッコいい~♪ 英語習得の旅はつづく。

「クラウドファンディング化」英語で?

https://voicy.jp/channel/941 今日も西野さんのVoicy朝一(アメリカだと夕一)で聞いたけど、面白かった♪ 通訳していて一番難しかったのは、 「今日は「クラウドファンディング化する世界」というテーマでお話しします…」 のまさに「クラウドファンディング化する世界」という表現。 内容的には、ビジネスでは応援者を集めるのに収入の使い道(*クールかキュートである場合)を明らかに(表明)した方がいいよ、という話。クラウドファンディングはそもそも、「預かったお金を何に使うかを明らかにした上で資金を募る」仕組みで、今、クラウドファンディング以外でも、このクラウドファンディングの仕組みが効いてきているということを踏まえての「クラウドファンディング化する世界」というタイトルなんだけど、 「化する」って表現は難しい。 「〇〇化」という言葉で、個人化(Personalizeーパーソナライズ)とか、多様化(Diversifyーディバーシファイ)など、英語では動詞になっている言葉は結構ある。でも、クラウドファンディングに関連して使われる動詞はやはり「Raise((お金を)集める)」が多く、Cloudfundizeなどは造語になってしまって通じない。 意味を踏まえて、このタイトルを訳すなら、 The world is incorporating more of cloudfunding approach(クラウドファンディングのアプローチを取り入れている世界) The world is changing to apply a cloudfunding way(クラウドファンディングの方法を取り入れて変わる世界) のようになるのかなー。 ひー、もっとかっこよく訳したい。いいアイデアあったら、教えてください!!

「頭を下げる」英語で?

今日の通訳練習 https://voicy.jp/embed/channel/941/90756 「頭を下げる」。これは、英語に直訳すると単なる「Bow」だけど、 もっと深い意味がある。 大辞林では、  「自分が下位であることを認める態度をとる。 相手に物を頼む時に使われることが多い。 へり下る。下手(したて)に出る。」 とある。 今日のラジオの内容では、あるプロジェクト責任者が 現地住民の方々から理解を得るために 「頭を下げる」という文脈なので、 ただ「Bow」だけだと、まったく文脈が伝わらない。 現地の方々に対し、腰を低くして「迷惑をかけていてスミマセン」 と伝える、ということなのだけど、英語圏ではどちらかというと 頭を下げるより、Thank you for your understanding (ご理解ありがとうございます)と、相手が 理解しているいないに関わらず、言ってしまうことが多いと思う。 今回のを訳すとしたら、 Say you are sorry for the trouble in a humble manner (腰を低くして、「迷惑をかけてごめんなさい」と言う) Be humble and say you appreciate their understanding(へりくだって、「ご理解に感謝します」という) などかなあ。

More Posts